「黒風怪」(拡大)

「黒風怪」(拡大)

「黒風怪」

「黒風怪」

久しぶりの西遊記シリーズは熊の妖怪。 いらぬ正義感の押し売りで人から煙たがれても手を止めない傍迷惑な奴。 黒風怪の業は「偽善」。

「牛魔王」(拡大)

「牛魔王」(拡大)

「牛魔王」

「牛魔王」

ザコ相手でも力加減を知らず全力でぶった切る直情型の大ボス。 個人での戦闘力は敵方最強でありながら 手下への配慮が出来ないワンマン経営。 裏で支える羅刹女が組織をなんとか切り盛りしています。 牛魔王の業は「激怒」「強情」「傲慢」「不遜」

「金角大王と銀角小魔人」

「金角大王と銀角小魔人」

西遊記の世界では中ボス的存在で そこそこ実力はあるが所謂お山の大将な山賊。 賊の結束もある程度強いが手下以外にも常に上から目線。 このコンビの業は「奢り」「嘲笑」

「八戒」

「八戒」

押し付けがましい正義感の持ち主な一方で、好きになった女にはめっぽう甘い。 八戒の業は「意固地」「色欲」

「悟浄」(拡大)

「悟浄」(拡大)

「悟浄」

「悟浄」

まだ三蔵一行と出会うずっと前、 フラフラと夜遊びに暮れる沙悟浄です。 夜空の月と雲はフライパンでこんがり焼きました。 悟浄の業は「軽薄」「怠惰」

「小悪党」

「小悪党」

西遊記の世界観で最弱キャラを思い浮かべながら描きました。 凄んでも微笑んでいるように見えてしまう、髭の似合わない童顔が特徴。 賊の同僚にもからかわれています。 小悪党の業は「迎合」

「悟空」(拡大)

「悟空」(拡大)

「悟空」

「悟空」

このシリーズを始めた2016年の申年にちなみつつ、 好きなキャラものを描こうと思い浮かんだのが西遊記。 子供の頃TV観ていた、まちゃあき版西遊記へのオマージュでもあります。 悟空ら三蔵一行も好きですが、敵方の妖怪たちも描く時に感情を載せやすいかと。 ちなみに妖怪にはそれぞれ人間の様々な業を、私の独断と偏見で投影しています。 悟空の業は「自惚れ」「お調子者」